レーシック | 手術と手術をしない方法

レーシック | 手術と手術をしない方法 TOP

レーシック | 手術と手術をしない方法

レーシックは、日本に紹介されて10年以上が経ちますが、日本に限らず海外でも、飛躍的に普及しています。眼病に苦しむ方にとっては、レーシックは福音といえます。レーシックとは眼球の焦点異常を外科的な手術で改善をはかるものですが、初期のレーシックに比べて、最新のレーシックは機器の精度が高まり、機能も強化された事により、安全で安価になりました。


レーシックとは、従来マイクロケラトームと呼ばれる、金属製の刃物で、角膜を削ぎ、フラップといわれるふたのような状態にして、エレキシマレーザーを角膜に照射して、調整を行い、フラップを元に戻すといった最新の眼科医療で、戻した角膜自体は数分で元のように接着します。最近はマイクロケラトームの替わりに、イントラレーザーといわれるレーザーが使われ、切開の精度が高められています。


レーシックとは、レザーを使って短時間で効果的な治癒が期待できる手術法です。そのため人気がありますが、術後の合併症などについては十分に注意が必要です。角膜の切開を伴い、再び角膜を閉じるわけですから、些細なミスが後々影響する場合もあります。衛生上の問題で感染症の恐れもあります。眼病の度合によりますが、他の治療方法も考慮すべきです。


レーシックとは、眼科の外科治療に新たな展開をもたらした最先端医療です。外科治療特有のリスクはあるにしても、今まで治療が不可能とされた眼病患者に、治療の道を開いた事は賞賛すべき事です。今後レーシックに使われる機器の進歩によって、安全性や治療効果も高められて行くと思われますが、レーシック治療の正しい理解が普及のカギを握ります。